スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |
  • |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |

服を脱いで行う「ヌードヨガ」が米で人気!一部では偏見も?

 服を脱いで行うヌードヨガが人気のようだ。7日、海外のメディアによれば、最近、米国やカナダではインド式のヨガが運動と趣味の両方の側面から人気で、さらには服を脱いで行うヌードヨガまで登場したと報道した。

米国のあるダンススタジオでは、分厚いカーテンの中で男性会員たちが服を脱いでヌードヨガを行っており、このようなヌードヨガを扱う教室はサンフランシスコ、ロサンゼルス、ソルトレイクシティ、ボストンなど全域に広がっているとのこと。

人気の火付け役は男性同性愛者だと見られているが、ヌードヨガの論者らは「服を完全に脱いでいる状態が一番ヨガに没頭できる。また、人同士が近づくのに助けを与える」と話している。

カナダ、モントリオールでヨガを教えるDavid Flewelling氏は「ヌードヨガは官能的だが性的なのではない。服を脱ぐことによって、服が与えていた制約から抜け出すことができ、不安や心配も共に投げ捨てることができる」と話している。

一方、人々が家でレッスンが受けられるようにと、ヌードヨガDVDを発売したAaron Star氏は6日、「他の人らと親密に接触する機会があまりないニューヨーク市民らに特に人気である」としてヌードヨガのメリットを説明した。

コーラを大量に飲むと精子の量が減少する!

 デンマークの徴兵検査に出頭した若年男性2,554人を調べたところ、コーラ(0.5L)を週15本以上飲む少数のグループ(78人)では、精液中の精子の濃度と精子数が低かったことが判明した模様です。

デンマークには徴兵制があり、原則18歳で徴兵に適格かを審査するための検査に呼び出されるそうで、今回の研究は、この検査に出頭した若年男性に協力を依頼して行なったそうです。

 評価項目は、精液の量、精液中の精子の濃度、精子数、移動性のある精子の比率、形態が正常な精子の比率の5項目。

 その結果、コーラ(0.5L)をまったく飲まないグループと比べて、週に14本以内を飲むグループでは、上記の5項目に差はなかったのに対し、コーラを週15本以上飲むグループ(78人)では、精子の濃度(飲まないグループが5,600万/mLに対して4,000万mL)と精子の数(1億8,100万に対して1億2,100万)が、明らかに低下した結果がでました。

カフェインとの関連性についても調べたそうですが、大量にコーヒーや紅茶などを摂取している男性でも、飲まない男性に対し精子の質・量はほとんど変わらなかったそうで、コーラのみが影響を与えていたそうです。

 ただし、コーラを大量に飲むような男性は、健康管理的にも問題があり、不健康な生活習慣が、精子の濃度や量の低下と関係している可能性もあるのではないかということで、今後更に調査が進められるそうですが、とりあえずコーラは日に1本までにしておいたほうが子孫繁栄の為にはよさそうです。

イギリスの議会で決定?!「セックス禁止」時間とは?

  以前、イギリスで「アノ時の騒音」がすごく逮捕されてしまったカップルの話を書いたが、今度は同国で町の議会によって夜のセックスを禁止されてしまったカップルがいるという。

 「The Scottish Sun」によると、この夫婦はアラン・ヘイ氏と妻のフィオナさん。

アランさんは喘息を患っているうえ、夫婦とも体に障害があり無理は出来ないため、セックス所要時間は5〜6分だというが、隣人の子どもがその騒音について教師に話したため問題が明るみに出た。その結果、何と町の議会で夫婦は夜の10時から朝の7時までセックスを禁止されてしまったという。

 ここでの問題は、「だったら夜10時前にすればいい」ということではなく、町なかに住むもの同士の騒音の受け止め方と個人の自由の関係である。

セックスというものはいわば、動物・人間の誰もがする(あるいはしたことのある)自然な行為である。

隣人もそれをしたから子どもがいるわけなのだが、自分たちのことは忘れてしまったのだろうか?

 このように、議会が個人に向かって行動の規制を命令することはイギリスでは当然なのか? 

それならば、町全体で夜10時から朝7時までセックスを禁止すべきではなかろうか。騒音というものは、どこからいつ漏れてくるか予測がつかないものなのだから。

 隣人によれば、たった5分間でも「2人はかなりの騒音をたて、いやらしい話をする」そうだが...。それは夫婦の寝室の中では普通のことであろう。

まるで、「セックスをすることがおかしい」とでもいうような言い方が、いかにも潔癖症的なお堅い印象を受ける。そういえば、ピューリタン(清教徒)革命はイギリスから始まったのであった。

ピューリタンとは、英語で宗教的な「清潔、潔癖主義者」を意味するものである。

ハワイに来たイギリスのピューリタンたちが、裸に近い格好をしていた現地の住民たちに服を着させ、「いやらしい」とフラを禁止させた、という話を聞いたことがあるが、イギリス人は未だにそんな宗教観を受け継いでいるのであろうか、と思わせるエピソードである。

 個人のセックスを禁止する前に、まず住宅の窓を騒音が漏れないような最新の頑丈なものに変える努力をするとか、そういう方向に発想が行かないのが、無宗教の筆者にとってはまったく不思議なのである。
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recent Entries
Categories
Archives
Profile
ブックマーク
あわせて読みたいブログパーツ
フィードメーター - エロチャットなネタ速報
  • seo
track feed エロチャットなネタ速報
ホームページのSEO対策研究室
完全無料出会い系知り合いの人妻と必ず出会える人妻パラダイス
相互リンクWEBマスター
蓼科web.com
八ヶ岳web.com
登録不要・完全無料都道府県別写メ友探し
Links
Other
Sponsored Link